大胸筋を鍛える 拝みのポーズ バストアップ

MENU
 

バストアップには、大胸筋を鍛える拝みのポーズが良いと昔から言われています。胸の前で両手のひらを合わせて強く押し合うことで、大胸筋が鍛えられバストアップができるというものです。

 

しかし、拝みのポーズをしたところで、実はバストアップにはつながらないのです。

 

大胸筋を鍛えてくれるこの拝みのポーズは、猫背を解消してくれるので、猫背のせいで胸が小さくなってしまっていたという人には効果が期待できるかもしれません。また、年齢とともに胸が垂れ気味になってきてしまっている人も、大胸筋を鍛えることで再び張りのあるバストを手に入れることができる可能性があります。

 

しかし、aaカップなどあまりにバストが小さい人は、大胸筋を鍛えるよりも、まずは胸全体の脂肪量を増やすことから始めないと、バストアップは期待できないのです。

 

バストは、9割の脂肪と1割の乳腺細胞によってできています。そのため、拝みのポーズを行って大胸筋を鍛えたところで、立体的なバストを作ることができないのです。

 

拝みのポーズをすることで、胸の土台となる大胸筋を鍛えることができますので、全く意味がないとは言いません。しかし、このポーズはどうしても利き手のほうにばかり力を入れてしまうので、左右のバストのバランスが悪くなってしまう恐れがあるのです。

 

さらに、下手をすると大胸筋が発達しすぎて、脂肪が筋肉に変わってしまう恐れもあるので、やり過ぎるのもよくないので、注意が必要です。